読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨下のブログ

ブログ初心者。手探り状態。

褒められて育ったけどなんとなく自己肯定感が低い件について

 自己肯定感は褒められて育つらしい。

 かくいう私も結構褒められて育ったほうだ。

 テストの点が良ければ「すごい!」と褒められ、通信簿に先生の賞賛の言葉が並べば「えらい!」と感激された。

 褒められること自体は嬉しかった。実際そのおかげである程度の自己肯定感が育ったように思う。

 ただ、褒められたのは良い結果が出たときだった。

 別にテストで悪い点を取ったからといって、人格を否定されたり激しく罵倒されたことは一切ない。特に褒められることもないだけで。

 良い結果が出たときは必ず褒められた。

 しかし、だからといって「褒められるために頑張ろう」という気は一切起きなかった。その時点で頑張ることは当たり前になっていたからだ。

 あるとき大して勉強もしていないテストで良い点を取った。やっぱり「すごい!」と褒められた。

 後になって考えると、私は板書をノートにきちんと写したり、宿題を必ず全部こなしたり、テスト期間前に集中的に勉強したりと、それなりの努力をしていた。しかし、私の中でそんなことをするのは当たり前になっていて、努力と呼べる範疇に入っていなかった。

 そして大して努力もしていないテストで、良い点を取り、褒められた。

 このとき、私は結果がすべてであることに気がついた。

 良い結果が出たから褒められたわけであって、私が頑張ったから褒められたわけではないのだと。

 私の中で努力が無価値になった瞬間だった。

 

 以来、私は結果に拘るようになった。

 努力の過程は関係ない。結果のみが評価されるのだ。

 でも、どこかでずっと努力を評価されたいと思っていた。

 自分がこんなに頑張ったおかげで、こんなに良い結果が出せたのだと知ってほしかった。その一方で「努力に価値はない」と思っていたから、わざわざ努力していることをアピールすることができなかった。

 結局努力は誰にも知られず、結果のみが見られ、評価された。

 努力すれば大抵の場合結果はついてきた。高校までの勉強ではそれは顕著だった。

 しかし大人に近づくにつれ、努力してるつもりでも結果が出ないことが増えていった。

 私は焦っていた。結果が出なければどれだけ努力しても意味がない。良い結果が出せなければ私は評価されない。愛されない。いつしかそんな強迫観念に苛まれていった。

 

 

 

 

 

 「生きているだけでいい」「それだけでいい」

 

 そう言われたのは「死にたい」と口に出すようになってからだった。

 

 私は納得がいかなかった。結果を残せなければ自分に価値はない。ずっとそう思っていた。

 

 「別に大した結果を残せなくてもいい」と思えるようになったのはここ最近のことだった。

 そう思わないといつまでも自分に合格点をあげられなくて苦しいことに気付いたからだ。

 

 私はいまでは次の二つのことに気をつけている。

 

1.自分で当たり前だと思っていることを褒めること

 自分で当たり前だと思っていることが、冷静に考えると結構な努力に支えられていることに気付いた。なので些細なことでも自分をできるだけ褒めるようにしている。(口に出さなくても、脳内だけでもいい)

 例えば遅刻しない時刻に起きた、自分で一食分の食事を作った、など。

 また、自分で決めた一日のノルマが達成できなくても、ゼロでない限り、ほんの少しでも進んでいる限りそれで合格とする。

 

2.目標を低く設定すること

 これは1と表裏一体で、自分が夢見ている理想がとんでもなく高いことを認識することでもある。自分の実力と理想を高く考えすぎず、「自分なんて大したことないんだから、これだけやれれば万々歳」と思い切って目標値を下げまくる。すると無理なく目標が達成され、お手軽に達成感が得られる。達成感が得られると自信に繋がる。こうして目を見張るような結果が残せなくても、自己肯定感が育っていく。

 

 

 ネット上で時々自己肯定感が低い人の話を目にする。そういう人は大抵(私の観測範囲内に限り)親に虐待されていたり、子どものころから何度も人格を否定された過去があることが多かった。

 私は言うまでもなく親に恵まれた人間だ。よく褒められ、よく可愛がられた。

 なのになぜか自己肯定感が低かった。何をしても自分に満足できなかった。

 その原因はおそらく、「これだけ結果を残したから胸を張っていい」という条件付きの自己肯定だったからだ。

 

 理想を高く持ち、結果を残すことに執心するのも一つの生き方だと思う。そういう人にはいまだに憧れを抱く。

 ただ、自分を追いつめても楽しいことが何一つないなら、それはやめたほうがいい。

 小さく見えることでも自分を肯定したほうが、ずっと楽しく生きられるから。