軒下から雨を眺める。

ため息を言葉に。

牛乳石鹸の例のCM 与えるものと与えられたもの

 ネットで話題になった牛乳石鹸の例のCM。

 批判的な声が相次ぎ、意味不明だの父親サイコパスだの殺人事件だの、散々な意見が飛び交っている。

 それはひとまず置いておいて、私が一番気になったのはフルバージョンのムービー開始1分56秒ごろから始まるこのセリフだ。

 

「親父が与えてくれたものを、俺は与えられているのかな」

 

 youtubeに公開されたWEBムービーのタイトルが「与えるもの」であることから、CM制作者が意図したテーマはここに込められていると考えるのが自然だ。

 では、「親父が与えてくれたもの」とは一体なんなのか。

 ムービーの説明文にはこう書かれている。

 

「昔気質で頑固な父親に育てられ、反面教師にすることで今の幸せを手にした彼。」

 

 つまり、「彼」は頑固だった自分の父親の生き方に否定的だったことが窺える。

 しかし「彼」は開始1分2秒で「でも、それって正しいのか」と父親と真逆の生き方を選んだ自分に疑問を持つ。

 なぜ「彼」は自分の生き方に疑問を持ったのか。

 CM内の「彼」の過去回想の場面、ムービー開始から52秒時点で、玄関から出かける父親の背中。父親の顔は見えない。58秒時点で「彼」と思しき少年がグローブを片手に壁を見つめている。おそらく、壁打ちをするつもりなのだろう。しかし視聴者には、少年だった「彼」が本当は父親とキャッチボールをしたかったことが想像できると思う。

 回想が一時中断し、大人になった「彼」は息子のプレゼントにグローブを選んでいる。きっと父親を反面教師にした「彼」は、休日には息子と公園にでかけキャッチボールをするのだろう。かつて幼い自分がそうしてほしかったように。

 家族思いの優しいパパ。「彼」は自ら望んで生き方を選び、幸せを得た。

 世間的に見ても褒められこそすれ、非難されるような生き方ではない。少なくとも、妻や息子にとっては理想的な夫で、父親であるはずだ。

 それなのになぜ、「彼」は疲れた顔で疑問を呈しているのか。

 冒頭に書いた1分56秒のセリフ。この回想場面で、少年だった「彼」は父親の背中を一生懸命に流している。自分より遥かに大きく、広い背中。父親は少年の憧憬そのものだったのだろう。真剣な手つき父親の生き方を否定する息子の姿は見られない。

 つまるところ、「彼」は自分の父親が好きだったのだ。

 仕事ばかりで家庭を顧みず、遊び相手にもなってくれない父親を憎みながら、どうしても嫌いになれなかったのだろう。むしろ、自分の生き方に絶対の自信を持った背中に、尊敬の念すら抱いていたのかもしれない。

 このCMでいう「親父が与えてくれたもの」とは、尊敬される大人の姿、目指すべき父親像といったところだろう。つまりは人生の指針である。

 しかし「彼」は、父親から与えられた指針とは真逆の姿を選んだ。CM内の言葉通り時代の流れもあるのだろう。

 自分の選択と、時代が求める父親の姿勢。どちらも子どものころ描いていた将来像とは別物だった。それに気付いた「彼」の胸中はどんなものだったのだろう。

 はっきり言っておきたいが、朝ゴミ出しをし、プレゼントとケーキのおつかいをこなし、子どもと休日に遊ぶ父親は、本当に素晴らしいと思う。

 ここで言いたいのは、子どものころ思い描いていた大人になった自分と、実際に大人になった自分のギャップによるストレスだ。大人になった「彼」は、自分の父親に見ていた、あるべき大人の姿が体現できているか不安なのだ。上司に怒られた部下を慰めたり、妻からの電話に出たりしないのは、選択によって捨てたかつての目標へのちょっとした足掻きである。

 子どもっぽい、そして遅すぎる足掻きである。しかしかつて少年だった「彼」に、少しだけ過去を思う弱さを許してもいいのではないだろうか。

 時代は移り変わり、価値観は多様化して目指すべき指針というものは実質なくなってしまった。そんな時代のなかで、「彼」は自分の息子にどんな「大人の姿」を与えられるだろう。「彼」の悩みはCMの最後になっても完全には晴れない。

 でも、とりあえず、お風呂にはいって、一日の疲れと汚れを落として、また明日。

 がんばれ、お父さん。

 

 

 というのが、CM制作者の意図なんだろうけど、ぶっちゃけ生命保険のCMとかの方が向いてると思う。